打ち合わせ中の手
CUSTOMER'S VOICE お客様の声

マーケティングの共通認識で、社員同士の円滑な相互理解を実現! ―全員マーケター化への挑戦―

藤倉 和実様

株式会社クロンティップ

代表取締役: 藤倉 和実

第三者の目線で自社のビジネスをより強固なものに

私の最も信頼できる知人の強い推薦から、ミスターマーケティングさんの存在を知ることになりました。そのときは、自社のビジネス自体は上手くいっていたものの、丁度過渡期を迎えていて、今後の更なる発展に向けた第三者的な視点の必要性を感じていた時期でもありました。ファッションビジネスを展開する当社ですが、当時は唯一のMDが一人で仕事を回している状況でしたので、客観的な目線で判断をできる視点を持った人財を必要とし、MDと共により的確なビジネスの展開を進められることを課題としてサービスの導入を検討しました。

また、世の中のマーケティングコンサルティングは、大企業のみが受けるものだと思っていたのですが、ミスターマーケティングさんのコンサルティングは中小企業にも目を向けられたものであったことと、代表コンサルタントである村松氏の人柄、自分の業界には無い面白い着眼点をお持ちだったことも導入に大きく起因しています。

一番の功績は、社内におけるマーケティングの共通認識

ミスターマーケティングさんの指導を受けて、現時点で一番良かったと感じる点は、社内でマーケティングの共通認識が図れたことです。今までは、曖昧な表現やあれこれと説明する必要があったところを、社員が共通の認識を持ったワードで意味を共有できることで、円滑な相互理解に繋がっています。

また、マーケティングの大枠を独自のメソッドでシンプルに体系付けられたことで、今までは小難しいイメージのあったマーケティングがぐっと身近に感じられるようになりました。身近になったことで、最近では社員の研究心やリサーチ能力が芽生えてきて、特に自社の商品の強みをクローズアップできるようになったと思います。体系化されたフレームワークを個々が駆使することで、思い込みだけでうやむやに動く社員も少なくなっていると感じます。

マーケティング視点を持つことで、無駄な投資を回避する

実践での更なる活用としてはマーケティング視点を持つことで、新商品の開発などにおいて無駄な投資を回避できることだと思います。想いのみで商品を開発する前に、的確に市場のニーズとターゲットを捉え、自己の想いに第三者的な視点から導き出したマーケティング戦略を加えることで、リスクヘッジを伴った効率的なビジネスの展開が可能になると実感しています。

コンサルティングサービスの導入を検討されている方へのメッセージ

藤倉 和実様2このコンサルティングを通して、自社の理念やビジョンを再確認すると取るべき行動やビジネスの軸が見えてくると思います。社員を巻き込んで同じビジョンに向かい、社の体温を上げることで楽しんで働ける環境が築けると思います。福利厚生の前に、個々のマーケティング能力を着実に上げていくことこそ、会社と社員にとって一番の為になることだと思います。社員の積極性も引き出してくれる素晴らしい機会になると思います。