TOPICS トピックス

ペルー 4,500mの天空の畑に行ってきました!

ペルー草原、3人記念写真

6月上旬、健康食品のお客様の生産地が、ペルーにあり、出張に行ってきた。

何とも大変な生産地への旅だった。

ペルーの首都、リマから車で約8時間。

アンデス山脈のおへそに位置する、ボンボン高原の町、フニン。

5,500mのアンデス山脈を越えて、やっとただりついたフニンで、4輪駆動の車に乗り換えて、そこからは約1時間、山のでこぼこ道を進んだところに、その4,500mの天空のマカ畑はあった。

空気が地上の約65%。当然、高山病になり、頭痛と吐き気に見舞われながら、美しい山脈の風景と、笑顔が素敵で、少し恥ずかしがり屋さんの現地スタッフの精力的な行動によって、何とか見学ができた。

こんなところで、マカは作られているんだ、という感動とともに、この地域で、有機栽培をしているマカは、約15%。しかも、フニンのオーガニックマカと称しながらも、実際には、他県でとれたマカを混ぜて、売っているケースも多く、日本にも、その生産地のトレースができないまま、健康食品として、売られているケースが多いという。

そのために、しっかりとした信頼できる日本人のマカの目利きが必要である。

漢方にも使われ、薬用植物として名高い朝鮮人参が、山の上の崖の上でしかとれないように、

ビニール栽培でとれた人参は、ただの人参。

それと同じように、マカも、4,500mの環境の中で育ったマカこそ、本物のマカ。

日本産のマカもあるのだが、ビニール栽培によって生産されているマカは、ただの野菜である。

栄養は肥料でコントロールできるが、薬用植物の特徴である、二次性代謝物の含有量は、

本物のマカにしか実現できない。

そのことを身を持って体験できた出張でした。


SEMINARセミナー案内

10億円~100億円を本気で実現する! 「カテゴリーキラー」の作り方セミナーバナー
予約受付中

儲かる10億円ヒット商品・事業をつくる
「カテゴリーキラー」の作り方セミナー開催!

  • 第57回
    【東京】特別開催 2019620日(木) 15:00〜19:00 (開場:14:45)
  • 第58回
    【東京】特別開催 2019717日(水) 15:00〜19:00 (開場:14:45)

セミナー詳細はこちら

BOOKS本の案内