TOPICS トピックス

組織行動論の集団の視点とはどういうものか?

円形闘技場

前々ブログにおいて、組織行動論とは、集団の視点、個の視点があると書き、前ブログでは、個の視点で論じた。

今回は集団の視点である。

集団においても、公式組織と非公式組織とあるのだが、公式組織について近代的組織論を構築した、バーナードとサイモンについて紹介したい。

バーナードは、組織の定義づけとして、2人以上の人々の、意識的に調整された諸活動、諸力の体系とした上で、組織が維持するための要素として次の3つを挙げている。

  1. 共通目的
  2. 貢献意欲
  3. 伝達

である。

私はこの要件を見て、素晴らしいな、と思った。確かに本当に必要な要件を言い当てている、と恐れいった。

共通目的は、経営目的、想い、経営理念、ビジョン、ミッション、などにあたる。

貢献意欲とは、参加メンバーの組織に対する、貢献をしていくという意欲である。参加メンバー個人のできることやスキル、価値を提供することで貢献するということである。

伝達とは、コミュニケーションのことで、当然、二人以上の組織になれば、何らかのコミュニケーションが発生し、コミュニケーションのないところでは、組織は運営されない。

そして、バーナードと共同研究をしていたサイモンは、この3つの要素に加えて、貢献意欲は、誘因が必要であると唱えている。

誘因とは、組織が与えるメリット、参加メンバーへの報酬である。

わかりやすいところでは金銭面であるが、それ以外に社会的な地位や、仕事へのやりがい、などがある。それによって貢献意欲はかきたてられる。

それらに加えて、集団の視点において、現在、大切だと考えられるものは、場をつくる、場づくり、という概念である。

よく使う言葉であれば、社風とも言うが、それよりも適切な言葉であると、会社の雰囲気、が最も近いと言えるかもしれない。

人は、場に影響される。良い気が、流れている場だと活性化し、悪い気が流れていると、殺伐となり息苦しくなる。

経営目的や理念、ビジョンに加えて、その場にいる人間性の向上や、コミュニケーションの高い質、プラスの言葉がけ、前向き、感謝など様々な要因が、良い場を作り出す。

この良い場を作り出す意識こそが、経営者やリーダーの1つの仕事なのだと思う。


SEMINARセミナー案内

10億円~100億円を本気で実現する! 「カテゴリーキラー」の作り方セミナーバナー
予約受付中

儲かる10億円ヒット商品・事業をつくる
「カテゴリーキラー」の作り方セミナー開催!

  • 第60回
    【東京】特別開催 201995日(木) 15:00〜19:00 (開場:14:45)
  • 第61回
    【東京】特別開催 20191017日(木) 15:00〜19:00 (開場:14:45)
  • 第62回
    【東京】特別開催 20191119日(火) 15:00〜19:00 (開場:14:45)

セミナー詳細はこちら

BOOKS本の案内