儲かる事業をご提案|ミスターマーケティング
COLUMN 儲かる10億円ヒット商品・事業をつくる「カテゴリーキラー戦略」コラム

第63話 売れないものを売れという経営者は罪である


事業が伸び悩んでいる。

 

もう何年、この状態が続いているのだろう。

 

これまで、様々な努力をしてきた。

 

WEB、営業、販促、展示会・・・・・・。

 

いっときは、効果のあったものもある。

 

しかし、それが続かない。

 

お客さんに効かなくなっているのだ。

 

なぜだろう。

 

社長として、社員にも発破をかけている。

 

がんばれ、がんばれ、がんばれ、と。

 

しかし、社員は、疲労の顔が浮かぶ。

 

本当に頑張れば報われるのだろうか。

 

本当に努力すれば、道が開けるのだろうか。

 

何かが違ってきている気がする。

 

何かが、時代と合わなくなってきている。

 

その何かが、何か。

 

それが見つかれば苦労しない。

 

それが見つかれば、きっと、よくなる、はず・・・・・・」

 

 私は、そんな経営者の声を聞いてきました。

 

 経営者は、いつでも不安で一杯です。

 

 右肩上がりで業績が上がり続けた時代は良かったのですが、それがいつまでも続く会社はありません。 

 

 いつしか、それが横ばいとなり、そして、右肩下がりへと突入すると、いつ、この状態から脱せるのか、そのことを考えると、不安になるのは誰でもが経験することです。

 

 これまで、お会いしてきた多くの経営者は、真剣に事業を考え、社員の幸せを考え、まじめに一生懸命、想いをもって努力してきた方々ばかりです。

 

 その想い、を聞いていると、思わず、こちらもその事業を応援してきたくなる気持ちがわき上がります。

 

 しかし、想いが強ければ強いほど、現実の業績が上向かなければ、その想いの強さ、さえも、それまであった自信でさえも、揺らぎ始め、「何をなすべきなのか」という思考の迷路に陥ります。

 

 もちろん、そのことがわかっていて、できること全てをやっていくことは、1つの正しい選択です。

 

 しかし、それは、お金という有限な中での勝負だと考えると、それほど悠長に構えているわけにもいきません。

 

 会社にとって、有効な一打を早く打たなければ、タイムリミットが来てしまうからです。

 

 むしろ、いったん立ち止まって、会社、事業、お客様、社会、などを、俯瞰的に見つめ直す、このことが、大事な時期なのかもしれません。

 

 一度、今の社会や時代、顧客のニーズも踏まえながら、会社を組み立て直す、事業を組み立て直す、といった作業、棚卸しが必要な時期にきているのではないでしょうか。

 

 以前、地方でサービス業を営むA社長が、コンサルティングに来ました。

想いがあふれ、社会への貢献意欲が高い方で、これまで長年経営してきて、順風満帆に、うまく経営をされてきました。

 

 しかし、あるとき競合が現れて、その市場でのシェアを奪われ始めました。

 

そして、その状況を打破しようと、色々なセミナー、コンサルタント、など多くの方々に学び、実践をしてきましたが、思ったような効果は得られませんでした。

 

 そんなとき、当社のセミナーに参加されて、コンサルティングを受けることになりました。

 

 コンサルティングを進めていく中で、こんな場面がありました。

 

 「A社長の会社は、これまで培われた顧客資産に加えて、強みもあるし、こうすべきだ、という想いがありますよね。

 

 そうであれば、競合のスタンスと、まったく違う考え方で、これまでやってきたのに、おそらく、ここのところ、お客様を獲得するために、その打ち出し方を、競合と同じように持っていってしまっていますよね。

 

 それでは、会社の良さがなくなり、まったく同じようなサービスに見えてしまって、違いがわかりません。

 

 そこから考えていくと、○○のような方向性で、今後経営すべきなのではないでしょうか。何よりも、それは、A社長自身が、これまで大切にしてきた考え方ではないでしょうか。

 

 その○○は、昔も今も、大事な考え方だと思います。そして、顧客の普遍的なニーズでもあるのだと思います。

 

 その○○を、改めて強く打ち出していきませんか。」

 

と申し上げたら、A社長が、

 

「先生、長年、もやもやしてきて迷っていた考えがとてもすっきりしました。

 

そして、やっと、今後の当社のやるべき姿が見えてきました。

 

ずっと、その競合ばかりが気になり、その競合のスタンスを取り入れてしまっていたために、同質化してしまっていたのですね。

 

 コンサルティングを進める中で、当社には、絶対に負けない部分があることがよくわかりました。どんな競合が来ようとも、です。

 

 これで、私は、これから自信をもって経営に当たることができます。」

 

と、力強く言ってくださり、コンサルティングが終わりました。

 

 その後は、新サービス開発なども含めて事業展開を行い、ご活躍されています。

 

 

 経営者の重要な仕事として、やはり、会社の方向性をつくる、事業の柱をつくる、売れる商品やサービスをつくる、ことを中心に据えるべきです。

 

 そして、次のことも申し上げておきたいと思います。

 

 「売れないものを売れという経営者は罪である」

 

と。

 

 経営者は、売れない商品やサービスしかないのに、それを改善しようとせず、社員に、「なぜ売ってこないんだ」と発破をかけます。

 

 それが、そもそも間違っているのです。

 

 中小企業において、売れる商品やサービスを作るのは、経営者の仕事なのです。

 

 

 最後に、

 

経営者の、今の行動こそが、会社の未来を作り続けているのだ、ということを申し上げて、今回のコラムの筆を置きたいと思います。

 

株式会社ミスターマーケティング

代表コンサルタント

吉田 隆太

 


SEMINARセミナー案内

ホテルニューオータニ東京外環
残席僅か

儲かる10億円ヒット商品・事業をつくる
「カテゴリーキラー」の作り方セミナー開催!

  • 第63回
    【東京】特別開催 20191210日(火) 15:00〜19:00 (開場:14:45)
  • 第64回
    【東京】特別開催 2020121日(火) 15:00〜19:00 (開場:14:45)
  • 第65回
    【東京】特別開催 2020218日(火) 15:00〜19:00 (開場:14:45)

セミナー詳細はこちら

BOOKS本の案内