TOPICS トピックス

「差別化」の高~い壁を築く本質とは?

万里の長城

皆さんは、たとえば30年にわたってコツコツと、ご自身のビジネスを磨き続ける覚悟はございますか?

本日は、自社ビジネスを守る「差別化」の高い壁についてお話をさせていただきます。

マーケティングで先ず初めに重要なのが、商品・サービスの「差別化」であることは、当社のメソッドである『3ステップマーケティング』で説明させてもらっております。

しかしながら、その「差別化」された商品・サービスも、競合によって直ぐに真似出来るものであれば、意味がありません。また、大企業の資本を持って真似をされてしまうと、中小企業はひとたまりもございません。

そこで、商品・サービスの「差別化」に於いて、競合他社が勝負を挑む気を無くしてしまう程の「差別化」の高い壁を築いていく、その秘訣のひとつお伝えいたします。

ボーペンで有名な文具メーカー、パイロットさんに、フリクションという消せるボールペンがあり、大ヒットをしております。これは皆様お馴染みの商品でしょうが、30年の開発期間を費やしていることはご存じでしょうか。

また、以前、「現場の声がビジネスに素晴らしい気付きを与える」といった内容の記事でご紹介しました学習教材の学研さんですが、今は高齢者住宅事業の分野で成長を遂げています。

少子高齢化時代が訪れる今から30年前に介護マーケットを予測して、労務管理などのノウハウを活かしながらビジネスを成長させてきました。

そして、私どのもお付き合いのある古田土会計さんは、30年間一貫して「中小企業を元気にする」という理念を掲げて、社員教育を重ね、今では国内トップクラスの税理士法人になっていらっしゃいます。毎年増収増益で、今では2,000の顧客を抱える程の会計士事務所になっています。

お話をさせていただきました3社の事例に共通していることは、それぞれのビジネスには強い「想い」が存在し、その「想い」を決してぶれること無く貫き通しているということです。その結果、競合他社の参入を阻む「差別化」の高い壁を築けているのです。

この強い「想い」とは、ミッションやビジョンということになりますが、理想のゴールを徹底的に追及していくと、今できる事、今やらなければならないことが見えてきます。つまり、「想い」こそが「差別化」の戦略を検討するベースとなるのです。目先の「戦略」をどうすべきかというときに考えるべきは、「自らはどうあるべきか、そして、どうなりたいか」という自らの真の「想い」に耳を傾けるべきなのです。

遠いゴール、夢が大きいほど、「想い」が強いほど、現在の身の丈にあわないことが多いのですが、誰でも大きな夢に対して、いきなりゴールにはいけるはずもなく、階段をつくりコツコツと登っていくしかありません。

もちろん、連携や増資によってスピードを速めることは可能です。

それも見込んでの30年であればもっと大きな夢を実現できるかもしれせん。

いずれにしても、30年あれば、どなたでもある程度高い山には登れるのではないでしょうか。

コツコツと3年毎に10段の階段を上っていけばよいのです。その間に市場環境も変わるでしょう。

そのたびにその遠いゴールに向かって、「戦略」を調整していけばよいのです。ですから「想い」は大きく、強いものが理想的だと思います。その「想い」と現実の市場環境との調整役がマーケティングとも言えます。

しかし、30年後の山が見えていなければ、その歩みは積み上げられることなく、決して高い山には登れないのではないと思います。

私どもは、「日本の中小企業は、マーケティングが強いと世界から評価される時代をつくる」という山に登っています。

まじめに頑張っている多くの経営者がマーケティングに目覚め、日本経済を牽引する時代がくると信じています。

すでに、細分化・多様化されたマーケットはそれを望んでいます。

しかし、中規模・小規模の企業がそれを満たすことができていないだけなのです。

是非、皆様もマーケティングを学びビジネスに活かし、皆様の「想い」を実現してほしいと思います。

では最後にもう一度、

皆さんは30年間コツコツと、ご自身のビジネスを磨き続ける覚悟はございますか?


SEMINARセミナー案内

10億円~100億円を本気で実現する! 「カテゴリーキラー」の作り方セミナーバナー
予約受付中

儲かる10億円ヒット商品・事業をつくる
「カテゴリーキラー」の作り方セミナー開催!

  • 第58回
    【東京】特別開催 2019717日(水) 15:00〜19:00 (開場:14:45)

セミナー詳細はこちら

BOOKS本の案内